collaboflowの画像1

会社名 株式会社コラボスタイル
所在地 〒450-6321
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋21階
電話番号 052-446-5530
代表取締役 松本 洋介
設立 2013年7月
資本金 ¥50,000,000(2020年7月30日時点)
おすすめポイント顧客満足度の優れた製品に対して贈られる“High Performer”を受賞

「コラボフロー」というワークフローシステムをご存じでしょうか。申請・承認が必要な書類(稟議書など)を手元のデバイスで作成し、承認までの流れを1つのシステムで完結できます。コラボフローを使えば、大切な書類の紛失や汚損を防ぎ、承認に至るまでの時間を短縮できます。

もちろん、機能はそれだけではありません。書類を一元管理することで、紙代や輸送費のコスト削減できますし、必要情報の記入漏れなどのヒューマンミスも防げます。コラボフローの魅力、導入のメリットをご説明しましょう。

collaboflowは直感的な操作で使い手を選ばない

collaboflowの画像2

コラボフローを導入するにあたって、気になるのは「使いやすいか」というところでしょう。会社には年代もさまざまな人がいますから、どんな人でも使えることが重要です。新しいシステムに対して懐疑的な印象を持つことは否めませんが、このシステムはそこをクリアにしてくれます。

申請フォームはExcelで自在にデザイン

申請書類の中には、形式がその会社独自のものもあるでしょう。コラボフローの特徴は、申請フォームをExcelで作成できるところにあります。しかも、そのデザインは自在です。つまり、会社独自のフォームにもしっかり対応できるのです。

承認経路は「人」「連携パーツ」の配置で設定

書類内容によって、その承認経路は異なります。これまでは、それが業務に遅滞をもたらすこともありました。今このとき、それに悩んでいる方もいるでしょう。

それを解決するのがこの機能。ブロックを組み合わせるように、「人」「連携パーツ」を配置していくのです。

直観的でわかりやすい操作なので、誰が行っても時間をとられることがありません。承認経路を作成すれば、いつでも、どんなときも手元のデバイスで仕事ができます。

パズル感覚でどんどん作れる

申請フォームはwebからでも作成できます。Excelの操作が不得手な人でも、web上でなら項目のパーツを組み合わせていくだけですから、安心して使えます。

collaboflowは運用中でもフォームレイアウトの追加・修正が自由自在

collaboflowの画像3

導入したのならすぐに使いたいところですが、各設定は必須です。その設定に時間を取られて運用が遅れれば、「手作業のほうが早いじゃないか」と白けてしまいます。コラボフローは、「設定しながら運用する」ことができます。

運用中もフォームレイアウトが変更できる

100%完璧な状態で作業を開始できれば、それに越したことはありません。ですが、それを実行しようとすると、予想以上に時間がかかり、かえって本業を圧迫してしまうこともあります。

はじめに土台の設定だけを済ませて、運用しながら完成に近づけられれば、ストレスはかなり軽減できます。コラボフローなら、それを実現できます。

設定済みの項目は更新後もそのまま引き継ぎ

「運用しながら手を加えると、せっかく設定した項目までリセットされてしまうのでは?」と不安になる人もいるでしょう。ご安心ください。

設定済みの項目は、たとえ運用中に手を加えてもそのまま引き継がれます。途中で設定が変わってしまい、慌てることがありません。

コラボフローは変化する業務内容に合わせてくれる

運用していくうちに「あのシステムからデータが欲しいな」といったように、業務内容の改善点や要望が出てくることもあります。それをしっかり叶えて、柔軟に対応できるのがこのシステムの強みです。その都度、改善・修正して、常に新しいシステムで円滑な作業を実現します。

collaboflowは外部システムとも連携でき1名単位から契約可能

collaboflowの画像4

ワークフローシステムは、運用しているうちに社内の別部署との連携を求められたり、外部のデータが必要になったりするでしょう。外部システムとも連携すれば、より効率化を図れます。

外部システムと連携できる

部署によって、使用するサービスが違っていることは多々あります。もしそうしたところと連携して作業を行うのなら、足並みが揃っていなければなりません。

コラボフローは外部システムとも連携できます。社内のさまざまなデータをひとまとめにすれば、より業務の幅は広がるでしょう。

契約は1名から

コラボフロークラウド版の場合、契約は1名からでも可能です。もちろん、会社全体で契約することもできます。

運用中に利用人数を徐々に増やすこともできる

はじめは少人数で試験的に導入して、徐々に利用範囲を広げていくという使い方もできます。段階を経て、様子を見ながら運用できるのは会社にとってもよいことでしょう。

collaboflowをすぐに利用したい場合はクラウド版がおすすめ!

collaboflowの画像5

コラボフローには「クラウド版」「パッケージ版」の2種類があります。すぐに使いたいのならば「クラウド版」を利用しましょう。クラウド版なら、ユーザー登録をしてすぐに使い始めることができます。ここでは、クラウド版の概要と料金についてご説明します。

プランは月額と年額の2種類

クラウド版を利用する場合、月額制は1ユーザー/500円から。年額なら1ユーザー/5,880円で利用できます。無料で使えるディスク容量は1ユーザーあたり3GBです。

利用は最低5ユーザーから

クラウド版を実際に利用するときには「最低5ユーザーから」です。契約は1名から可能ですが、この点にご注意ください。また、最低利用期間も設けられており、この期間は2ヶ月です。

利用範囲を広げるならパッケージ版

コラボフローにはパッケージ版も用意されています。強固なセキュリティを確保したい、高度なカスタマイズをしたいと思うなら、まずは見積もりの相談をしてみましょう。

学生・教職員なら通常価格より25%引き

コラボフローを学生・教職員の方が利用する場合、通常より25%引で利用できます。校務の効率を向上させたいと考えているのなら、導入を検討してもよいでしょう。

まずは小規模で運用してみよう!

コラボフローは小規模から運用できますし、契約は1名から可能です。実際に運用してみて、その操作感や業務の効率がどれほど向上したかなどを確認して、徐々に運用範囲を広げていくと無駄なく利用できるでしょう。

強固なセキュリティを必要とし、より高度な機能を求めているのなら、パッケージ版の導入のため、見積もり相談から始めましょう。

collaboflowの画像

collaboflow

顧客満足度の優れた製品に対して贈られる“High Performer”を受賞

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
記事一覧

おすすめワークフローシステムランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名X-point Cloudジョブカンワークフロー楽々WorkflowⅡcollaboflowCreate!Webフロー
特徴導入実績メーカー累積3,500社以上!多種多様な企業が利用しているシリーズ累計導入実績12万社以上機能性や多様性に優れている顧客満足度の優れた製品に対して贈られる“High Performer”を受賞気になったらすぐに始められる
資料請求
詳細リンク