おすすめのワークフローシステムランキング!

おすすめのワークフローシステムをランキング形式で紹介します!

会社が大きくなったり社員の人数が増えてきたりすることで、これまでの業務のやり方では効率が悪くなってしまうことがあります。紙ベースでやり取りしてきた書類や申請書なども会社の規模や人数によって管理しきれなくなってしまうこともあるでしょう。そこで利用したいのがワークフローシステムです。そんなワークフローシステムを利用する前に、

・ワークフローシステムでできること
・導入することの利点とは
・基本的なワークフローシステムの機能

などは調べて把握しておきたいものです。とくに初めてワークフローシステムを導入する場合は、わからないことも多いはずですから詳細な内容を確認した上で、必要なシステムであるかを判断する必要があるでしょう。

そこで当サイトでは、WEBアンケートをもとにおすすめのワークフローシステムをランキング形式でご紹介しています。ぜひこれからワークフローシステムを検討される際の参考にしてみてください。

ほかにもワークフローシステムを使わない業務のデメリットや、ワークフローシステムの基本機能なども解説していきます。このサイトを見て最適なワークフローシステムを見つけ、会社の業務効率化ができるといいですね。

おすすめのワークフローシステムランキング一覧!

X-point Cloudの画像1
おすすめポイント:導入実績メーカー累積3,500社以上!多種多様な企業が利用している

X-point Cloudは、ワークフロー専門メーカーである株式会社 エイトレッドが提供するワークフローシステムです。使い慣れたデザインをそのまま利用でき、また専門知識がなくても複雑な承認フローの設定や申請書フォームの作成ができるのが特徴です。

これまで3,500社以上への導入実績もあり、さまざまな業種に対応しています。また無料トライアルも用意されており、試してから利用できるのもポイントです。

X-point Cloudの強み

ワークフローの専門メーカーが提供!使い慣れたデザインのまま移行でき専門知識も不要

X-point Cloud(株式会社 エイトレッド) の基本情報

実績 導入実績メーカー累積3,500社以上
機能 作成・申請/入力補助、関連書類、自動申請、一括申請、代理申請、コメント機能、ファイル添付など 承認/印影機能、承認者通知機能、モバイル承認機能、ルート設定など 検索・集計/多彩な検索、集計機能、データ出力 管理者設定/フォーム作成機能、承認ルート診断、組織設定機能、マスタ参照、権限の付与・剥奪など セキュリティ・内部統制/操作ログ、シングルサインオン連携、バックアップ機能、IP接続制限 その他/外部システム連携
料金 初期費用:0円
スタンダードプラン:1ユーザー550円/月
プリペイドプラン:1ユーザー522円×12年額一括払い など
会社情報 株式会社 エイトレッド
住所:東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー1F

X-point Cloud(株式会社 エイトレッド)の口コミ評判を集めました

食品/医薬/化粧品関連企業
ペーパーレス化、テレワーク化の推進に役立ちます
決裁文書などの管理をクラウド上で行えるので目的の書類を簡単に見つけることが出来て管理が楽になります。見積もりなどの申請も簡単に行えて承認スピードのアップにも繋がりますね。 出先など社外から申請書類の確認、決裁などが可能になりましたし、督促機能を利用することにより、申請書類の決裁スピードが半分以下の日数で終わるなど業務の効率化が出来ました。また社内でペーパーレス化が進むことにより、特に総務関連の書類の郵送や登録などの手間やコストカットに繋がっています。

引用元:https://it-trend.jp/

建設企業
ワークフロー導入ならまずはこれ!
組織図の反映やこまかいワークフローと承認権限等、要求に応えることができる汎用的なツールで直感的につかえるのが最大の利点です。 決裁権限や規定に基づく承認フローが見える化されエビデンスが明確になったこと、ペーパーレス化が図られ書類管理から解放されたことが大きい。

引用元:https://it-trend.jp/

ジョブカンワークフローの画像1
おすすめポイント:シリーズ累計導入実績12万社以上

ジョブカンワークフローは株式会社DONUTSが提供するワークフローシステムで、とにかく使いやすさを追求したUI設計になっているのが特徴です。驚くほどシンプルかつ簡単な操作性で、誰でも簡単に会社独自のフォームを作成できます。

充実した検索機能も兼ね備えており、ずっと昔に行った申請もすぐに探し出すことが可能なのもポイントです。とにかく簡単な操作を求めているのならおすすめのシステムです。

ジョブカンワークフローの強み

使いやすさに追求したシステム!シンプルな操作性で誰でも簡単に独自フォームが作れる

ジョブカンワークフロー(株式会社DONUTS) の基本情報

実績 シリーズ累計 導入実績12万社以上
機能 あらゆる申請書に対応、申請一覧、承認+コメント、承認経路作成、承認経路分析、入力内容の自動制御、通知機能、英語対応、スマホ対応、外部システム連携など
料金 利用料金(1ユーザーあたり):330 円/月
初期費用・サポート費用:0 円/月(税抜)
最低利用料金:月額5,500円
会社情報 株式会社DONUTS
住所:東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー8F

ジョブカンワークフロー(株式会社DONUTS)の口コミ評判を集めました

メーカー/製造系
誰でも簡単に使えるので導入ハードルが低いです。
ユーザーとしては操作説明なしでも直感的に使えました。導入説明会などを特にしませんでしたが、皆スムーズに使っています。導入担当者としては、使い方を説明しなくても誰でも使えたので楽でした。諸々の設定もそんなに難しくないですし、分からないことはチャットでサクッと質問できるので困ることがありませんでした。とにかく簡単なのでおすすめです。 紙の稟議書をPDF送付&郵送していたのが、一切なくなりました。また、決裁の進捗状況を把握するのが困難でしたが、一目瞭然になりました。

引用元:https://boxil.jp/service/

IT/通信/インターネット系
項目等カスタマイズが出来、使い勝手が非常に良い
会社の業種・業態等に種々カスタマイズが出来る。社内の決裁システム、報告システムとして、極めて有効で使い勝手も申し分ないワークフローシステムである。今後共、必要に応じカスタマイズは行い、有効な内部管理体制の確立の一環の業務管理ツールとして活用していきたい。 社内の決裁、報告フロー確立出来た点が大きい。これにより適切な決裁手続き、社内報告の運用が実施出来ている。

引用元:https://boxil.jp/service/

楽々WorkflowⅡの画像1
おすすめポイント:機能性や多様性に優れている

楽々WorkflowⅡは住友電工情報システムが提供するワークフローシステムです。本格的なワークフローも簡単でスピーディに実現でき、グローバルにも対応しています。マウス操作によるレイアウト編集のみで思い通りの画面が簡単に設定でき、導入しやすいでしょう。

きめ細かなユーザ・組織管理を採用しているため、人事異動時のメンテナンスを各部門で対応でき維持コストを最小限に抑えることもできます。

楽々WorkflowⅡの強み

本格的なワークフローも簡単・スピーディに実現!細かな管理機能で企業のニーズに対応

楽々WorkflowⅡ(住友電工情報システム) の基本情報

実績 導入実績700社超
機能 入力/表示フォーム、ワークフロー制御、文書管理、ユーザ・組織管理、グローバル対応、帳票出力、運用、システム連携など
料金 基本ライセンス:275万円~
初期費用:5万円
月額料金:1万円 など
会社情報 住友電工情報システム株式会社
住所:大阪府大阪市淀川区宮原3-4-30(ニッセイ新大阪ビル)

楽々WorkflowⅡ(住友電工情報システム)の口コミ評判を集めました

コンサルティング・専門サービス
社内申請業務の効率化をサポートするツール
バックオフィスサポートツールは比較的使い勝手が悪いものが多い印象ですが、数回利用すれば慣れて不便なく利用できるようになりました。バックオフィスの人以外でも社外の人に電子書類関係が送信できる。 電子データ書類の処理依頼や社外の人への電子書類関係の対応をスムーズにしてくれるため、コロナをきっかけに導入が進んだ。

引用元:https://boxil.jp/

IT/通信/インターネット系
稟議管理
社内の稟議や経費精算などに利用をしていました。上司と顔を合わせる事がなくても稟議を上げる事ができるのでとても助かっていました。これだけで本当にペーパーレスにすることが可能でした。 経費やキャンペーンなど社内稟議が必要な商人作業はこれだけで本当に解決していました。ルールさえしっかりと決めてしまえば本当に助かります。

引用元:https://boxil.jp/

collaboflowの画像1
おすすめポイント:顧客満足度の優れた製品に対して贈られる“High Performer”を受賞

collaboflowは、株式会社コラボスタイルが提供しているワークフローシステムです。直感的な操作性で使い手を選ばず、普段使っているexcelから自由自在に申請フォームをデザインすることができます。

運用中でもフォームレイアウトの追加・修正は自由自在で、更新はバージョン管理され、運用反映のタイミングを管理することもできるそうです。変化する業務内容に併せて柔軟に対応できるでしょう。

collaboflowの強み

直感的な操作性で使い手を選ばないシステム!運用中でもレイアウトの変更ができる

collaboflow(株式会社コラボスタイル) の基本情報

実績 ITreview Grid Award 2021 Summer「High Performer」を受賞
機能 自動分析、入力制御、一括承認、相談機能、リマインドメール、停滞書類検索、帳票出力、経路設定、タスク依頼、データ改ざん防止、データ連携など
料金 クラウド版
月額:550円/1ユーザー
年額:6,468円/1ユーザー
会社情報 株式会社コラボスタイル
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋21F
Create!Webフローの画像1
おすすめポイント:気になったらすぐに始められる

Create!Webフローは、インフォテック株式会社が提供しているワークフローシステムです。慣れた申請書と見た目を同じにできるので、使い方がすぐにわかり電子化に移行しやすいでしょう。

またクラウド版はユーザー数に応じたシンプルな料金体系になっており、システム環境の準備やメンテナンスも不要ですぐに使い始められます。運用などで困った場合は、オンラインサポートですぐに解決してくれるので安心です。

Create!Webフローの強み

さまざまな業種で利用されている実力派!シンプルな料金体系も利用しやすさの鍵

Create!Webフロー(インフォテック株式会社) の基本情報

実績 製造、サービス、IT、通信、金融、教育、その他法人、官公庁など、業種を問わず幅広く利用
機能 申請、承認・決裁、保管・検索、集計、ユーザー支援、フォーム作成、ユーザー・組織管理、承認ルート設定、アクセス制限・セキュリティ、外部連携など
料金 パッケージ版:50ユーザーライセンス 66万円~
クラウド版:1ユーザー月額550円/月
年額まとめて:1ユーザー6,050円/年
会社情報 インフォテック株式会社
住所:東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエア

Create!Webフロー(インフォテック株式会社)の口コミ評判を集めました

コンサルティング・専門サービス
デモ・試用版として利用
現状の帳票イメージを取り込む機能があり、帳票をイチから設計しなくてもよい点が、他のワークフローソフトとの違いと思います。クラウド版もオンプレ版も用意されていますが、機能が少し異なるため、詳細を確認してから導入されたほうがよいと思います。UIは非常に洗練されていてよいと思います。 複数部署を横断した紙媒体での決裁・稟議・回覧などがありましたが、帳票を電子化することにより、ペーパーレス化、ワークフロー化によるWebがあればいつでも・どこでも決裁可能になる点。

引用元:https://boxil.jp/


ここからは、ワークフローシステムの概要をはじめ「ワークフローシステムの機能」「ワークフローシステムを導入するメリット」「ワークフローシステムを選ぶポイント」などについてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

申請方法は紙とシステムどちらの方が効率がいい?アンケート調査しました!


企業内の効率化したい業務のひとつとして稟議申請が挙げられるでしょう。パソコンの購入や人材採用、外部との契約など社内で稟議が行われる場面は多いものですが、従来のような紙の申請には業務効率に関して、問題が少なくありません。

では、ワークフローシステムを導入すると、本当に課題は解決できるのでしょうか。そこで今回、WEBアンケートを利用し、会社で稟議申請したことがある方に向けて紙とシステムどちらが効率がいいのか質問をしてみました。

まず始めに、現在の申請方法はどのようになっているのか調べました。

「紙」が71%「ワークフローシステム」が29%となりました。やはり、まだまだワークフローシステムの導入は進んでいないようですね。しかしながら、ワークフローシステムは業務効率化はもちろん、データ活用による改善や内部統制の構築にも役立ちます。これから、多くの企業が導入に踏み切るのではないでしょうか。

次に、申請方法は紙とシステムどちらの方が効率がいいと考えられているのか質問しました。

「ワークフローシステム」が65%「紙」が35%とシステムを支持する声が圧倒的に多いことがわかりました。ワークフローシステムは、時間や手間がかかる稟議申請に関する業務を全てシステム上で完結させることによって効率をアップさせます。会社にとって利益になり、社員にも喜ばれるシステムですね!

アンケートの結果から、多くの方がワークフローシステムの方が効率がいいと考えていることがわかりました。当サイトの情報を参考にぜひ検討してみてください。

ワークフローシステムとは


ワークフローシステムとは
まずはワークフローシステムを知らない、使ったことがないという方のためにワークフローシステムがどのようなものなのかを簡単にご説明していきます。

ワークフローとは

そもそもワークフローは「業務の流れを図で定義したもの」です。はじめは製造業などで作業の工程を設計し、生産効率向上のために活用されてきたものだそうです。近年では製造業以外でも利用されることが多くなっている言葉でもあり、「書類の流れ」という意味で使われるようになってきています。

具体的には交通費や経費の精算、休暇申請など申請・承認・決算という流れが必要とされる業務にて使われているようです。この際に紙ベースで申請書を提出するというのが古くからの流れでしたが、企業の規模が大きくなったり申請条件などが複雑だったりすると申請に関するルールがわからず、さまざまな課題が生じてしまうことがあるでしょう。

また中には承認者が社外にいるために業務が進まず、各自判断して承認印を押して業務を進めてしまうこともあるようです。こういったことを続けていると、内部統制が取れなくなるなど企業にとってのデメリットも増えていくでしょう。

ワークフローシステムとは

ワークフローについてわかったところで、次はワークフローシステムがどのようなものなのかを解説していきます。上記でご紹介したようにワークフローを電子化したものが、ワークフローシステムです。業務手続きを電子化することによって、さまざまな作業工程を大幅に削減することができるのです。

ワークフローシステムは「稟議システム」や「電子決済システム」と呼ばれることもあるそうです。また関連書類をシステム上で保管することができるため、多くの書類を保管しておくための場所の確保も必要なくなっていくでしょう。さらに業務を可視化できるので、何度も同じ業務についての進捗状況を確認するなどの手間も省くことができます。

ワークフローシステムを導入することによるメリットは多く、企業が大きくなる前に、人数が増えて来る前に取り入れようをしている企業も多いようです。もちろんすでに紙ベースでの業務が大きな負担になっている場合は、今すぐにでもワークフローシステムの導入を検討するべきだと言えるでしょう。


・ワークフローというのは業務の流れを図式化したもの
・ワークフローシステムはこれまでの業務を電子化して申請や進捗確認をしやすくしたもの

紙で申請することのデメリット


紙で申請することのデメリット
これまで紙ベースで業務をおこなってきた企業にとっては、わざわざ電子化する必要があるのだろうかと疑問に感じてしまうかもしれません。しかし、紙で申請などのやり取りをすることにはたくさんのデメリットがあるのです。

自分のタイミングで処理ができない

紙でのやり取りの場合、承認者や決裁者は申請があるたびに他の業務の手を止めて承認や決裁をおこなわなければなりません。すると他の業務の効率が下がってしまう、承認や決済などの内容をしっかりと確認できないなどのデメリットが生まれてしまうでしょう。

書類が滞りやすい

すべてのワークフローが紙でおこなわれていることによって、書類の停滞が起こり業務が停滞しやすくなってしまうというデメリットもあります。また担当者がどの申請書類を使うべきかわからずに、調べたり探したりすることによっても、業務が滞ってしまうことがあるでしょう。小さな滞りが蓄積していくことで、業務は大きく遅れを取りほかの業務を圧迫してしまうこともあるのです。

時間がかる

紙を使った申請では、申請をするたびに手書きで記入するという手間がかかります。もちろん手書きでは書き損じをしないよう注意を払う必要があるので、タイピングをするよりも大幅に時間がかかることも珍しくありません。またワークフローに属している方が同じ場所にいない場合、書類を郵送するなどのケースもあり、その分時間がかかってしまうでしょう。このように時間的なデメリットも紙のワークフローでは感じやすいようです。

進捗状況が把握しづらい

紙のワークフローでは、現在その書類を持っている人が誰なのか、手続きがどこまで進んでいるのかなどを把握しづらいというデメリットもあります。進捗状況を把握できないことによって、それに関する業務が効率的に進められないなどのトラブルが発生してしまうこともあるでしょう。

保管場所の確保や管理の手間がかかる

紙によるワークフローの場合、申請や処理をするたびに書類が蓄積されていきます。すると、その書類を保管する場所が必要になり、さらにどこにどの書類が保管されているのかを管理しなければいけません。こういった場所の確保や管理する人員の確保にも大きなコストがかかり、書類が増えれば増えるほどその負担は大きくなっていくでしょう。

このように、紙によるワークフローは企業が長く大きくなるごとにデメリットも大きくなっていき、業務上での負担や不便を感じる場面も増えていくはずです。だからこそ、紙を使わないワークフローシステムを導入したい企業が増えているのでしょう。


・紙での業務にはさまざまな手間や時間、負担がかかる
・企業が長く続き大きくなるほど紙のワークフローは不便になっていく

ワークフローシステム導入のメリット


ワークフローシステム導入のメリット
紙ベースでのワークフローにさまざまなデメリットがあることがわかりましたが、ワークフローシステムを導入することでデメリットをどのように解決していくことができるのでしょうか。ワークフローシステムを導入した場合のメリットを見て、理解を深めていきましょう。

手続きの一本化による業務効率アップ

ワークフローシステムでは、申請や承認、決裁までの業務をすべてシステム上でおこなうことができるようになります。これまで手書きでの記入や申請書類、申請先の確認などで手間や時間がかかり効率が下がっていた業務も、手続きが一本化することで大幅に効率化することが可能になるでしょう。

時間短縮

業務の時間短縮も叶えてくれるのが、ワークフローシステムのメリットです。システム上ですぐに申請をおこなうことができ、すぐに内容に沿った承認者や決裁者のもとにその申請が届くようになります。

社外や遠方に承認者や決裁者がいてもタイムロスなしで対応してもらえるようになり、余計な時間がかかることはなくなるでしょう。

ペーパーレス化による管理コスト削減

ワークフローシステムでは書類の保管も可能で、管理も簡単にできるようになるため書類保管場所の確保や管理する人員の確保なども必要なくなります。またそれに伴い申請書のプリント代や郵送費、FAXの通信費などの経費も削減することができるでしょう。

システム上に保管されていれば書類の紛失などのトラブルを避けることもでき、単純なコスト削減だけではなくそれに付随するさまざまなメリットを感じることができるはずです。

進捗状況の可視化

業務が今どこまで進んでいるのか、可視化できるのも大きなメリットでしょう。ワークフローシステムでは、承認や決裁に関わる人や組織の範囲、また情報と流れが誰でも理解できるように可視化されています。

申請書が誰のところにあるのか、承認の進捗状況をいつでも確認することができ、業務の停滞を防ぐことができるのです。

内部統制を構築できる

業務が可視化されることによるメリットは、業務の停滞防止だけではないようです。可視化によって不明確のものや曖昧さによって起きるトラブルを未然に防止することができるのも、企業にとってメリットとなるでしょう。

たとえば許可されていない物品の購入を防ぐ、口頭確認のみで曖昧な認識のまま発注や契約をしてしまうことを防ぐなどが挙げられます。紙での申請のように担当でないものが勝手に印鑑を押して提出するということができないため、馴れ合いでおこなわれてきた業務の習慣から抜け出すことも可能になるでしょう。

データ活用

過去のデータを活用したり他のシステムとデータを連携したりすることも可能になるため、業務効率を常に改善し続けられるのもワークフローシステムのメリットです。またデータがあるために不要な入力や人為的なミスも減らすことができ、さまざまな無駄を省くことができます。

さらにこれまでのデータを見ながら定期的に見直しをしていくこともできるので、継続的な業務改善を見込めるのも大きなメリットとなるはずです。

働き方改革

近年さまざまな働き方を認める動きが多くの企業で見られており、働く場所や時間に縛られない働き方をしている方も増えています。ワークフローシステムはどこからでもアクセスできるようになっているため、わざわざ申請や承認などの業務のために出社する必要がなくなるというメリットもあります。またこれによって働き方の支援ができるというのも、企業にとって大きなメリットとなるでしょう。


・ワークフローシステムは業務の効率化や時間短縮などが可能になる
・ペーパーレス化、データ活用によって常にコスト削減や業務改善を図ることも可能

ワークフローシステムの基本機能


ワークフローシステムの基本機能
ワークフローシステムが企業にさまざまなメリットをもたらしてくれることはわかりましたが、実際に自分の企業に導入することで何をどこまで効率化できるのかイマイチ想像できない方もいるでしょう。ここでは、より効率化がイメージしやすいようワークフローシステムの基本性能についてご紹介していきます。

承認フローの設定

申請をしてから最終承認までどのようなフローでおこなわれていくのかを設定する機能があります。承認者の設定も柔軟にでき、申請者に応じて承認者を適宜設定することも可能になっているようです。また同じフローを使用する場合も承認者を複数名設定でき、その中の1人が承認すればいいのか、全員の承認が必要なのかなども細かく設定できるようになっています。

申請フォームの作成

ワークフローで利用される申請書を自由に設定できるのも基本的な機能です。各申請書、各項目に対してテキスト入力や、ラジオボタン、プルダウンやチェックボックスといったさまざまな入力形式を設定できるため、入力ミスを防ぐことができます。

さらに必須設定や入力制御などの機能もついているため、申請内容のミスなどを防止することができるでしょう。どのようなシステムの場合も基本的にはテンプレートが用意されているため、内容を改変するだけで簡単に申請書を作成できるのもポイントです。

申請・承認・差し戻し

申請機能、承認機能、差し戻し機能がついているのも一般的です。そのほか、却下や保留などが加えられているシステムもあるようです。誰がいつ申請し、承認したのかが記録され可視化できるので便利です。また、システムによっては申請や認証、却下時にコメントをつけることもでき、判断の理由を残すことができるのも特徴です。

管理機能

ワークフローシステムを導入する目的として、コンプライアンスや内部統制の強化も多く挙げられるそうです。ワークフローシステムでは申請や承認、却下などのログが残るため不正を働くことができません。また権限設定やユーザー管理などもあり、ログインする際のシングルサインオンを制御することなども可能だそうです。

申請の検索

申請日、申請者、申請内容などのさまざまな情報から、過去の申請書を検索できるのもワークフローシステムの便利な基本機能です。また何度も使用する条件などを保管できるシステムもあり、それを利用すればより効率的に申請書を見つけることができるでしょう。

通知機能

申請や承認がされた際に、関係者に対して自動で通知をしてくれるのもワークフローシステムの機能のひとつです。またシステムによってはメールだけではなく、チャットアプリやスマホなどに通知する設定も可能で、すぐにその内容を確認することができます。さらに承認期限の迫った申請や、しばらく放置されている申請などへのアラート機能もあり、承認漏れを防ぐことができるでしょう。

システム連携

ワークフローシステムは、ほかの多くのシステムと連携できるのも便利なポイントです。たとえば勤怠管理システム、会計システム、人事システムなどとの連携ができ、これまで以上に業務を効率化することができるでしょう。

会計システムと連携すると、申請が承認されてから会計処理までを一連の業務としておこなうことが可能です。また人事システムとの連携では社員の情報や組織図を直接登録する手間が省けるため担当者の負担を軽減することもできます。


・ワークフローに必要な業務内容は基本機能として備わっている
・内部統制やコンプライアンスを目的として利用する企業も多い

ワークフローシステム選びのポイント


ワークフローシステム選びのポイント
最後にワークフローシステムをこれから検討する方、どのように選べばいいのかわからない方のためにワークフローシステム選びのポイントをご紹介していきます。ぜひ参考にして、最適なワークフローシステムを見つけてください。

操作性

ワークフローシステムは社内の多くの人、もしくは全員が利用するシステムです。そのため誰でも使いやすくわかりやすい操作性のシステムを選ぶのがポイントです。

複雑で操作性の悪いシステムでは、利用率も下がってしまい浸透しにくく、さらに新人や中途入社の方に操作を教える手間も増えてしまいます。パソコンの操作が苦手な方でも苦手意識なく利用できるものを吟味しましょう。

利用料金

ワークフローシステムは利用する範囲や社員規模、また提供形態などもシステムによってさまざまで、料金も大きく異なる場合があります。せっかく導入してコスト削減を図っても、システム料金が大きくなってしまっては意味がないため、まずは予算を決めてその中で内容や料金の合致するものを選びましょう。

開発/導入期間

簡単なワークフローのみをシステムに移行するのであれば大きな問題にはなりませんが、大規模な企業や人数が多い企業などの場合は多くのワークフローを電子化するため、開発や導入までの準備期間がある程度かかってしまうこともあります。できるだけ早く導入を考えているのであれば、導入までの期間も確認しておくことが大切です。

トライアルの有無

初めて利用するシステムのため、いきなり導入を決定するのは難しいものでもあります。そのためトライアル期間のあるシステムであるかどうかも、システムを選ぶポイントとなるでしょう。

トライアル期間に自社の利用方法に合っているか、社員が利用に苦労しないかなどを確認しておくことができれば安心して本格導入することができます。

さまざまなシステムを比較してみよう

機能や料金を確認するのは簡単ですが、実際に使ってみないことには本当に自社に最適なシステムであるか、利用しやすいシステムであるかはわかりません。まずは気になるワークフローシステムをいくつかピックアップし、各社に見積もりを取って実際に掛かる費用を確認したりトライアルを利用して比較したりしながらじっくりと決めていきましょう。


・誰でも使いやすい機能や操作性のシステムを選ぼう
・トライアル期間などを利用してさまざまなシステムを比較して検討しよう

機能や操作性をしっかりと調べ、専門性の高い業者が作るワークフローシステムを利用しよう!


ワークフローシステムは数多くリリースされているため、その中から最適なものを見つけるのは大変かもしれません。しかし、企業に適したシステムを導入できれば、今よりもぐっと業務の効率がアップし働きやすさや業績にもよい影響を与えてくれるはずです。

そのためには、できるだけ機能や操作性をじっくりと吟味し、専門性が高い業者が作成しているワークフローシステムを導入しましょう。導入後は、きっと多くの社員が多くのメリットを感じてくれるはずです。

おすすめワークフローシステムの一覧表まとめ

イメージ1
2
3
4
5
会社名X-point Cloudジョブカンワークフロー楽々WorkflowⅡcollaboflowCreate!Webフロー
特徴ワークフロー専門メーカーが提供!専門知識不要で簡単に利用できる「使いやすさ」を追求したUI設計グローバルにも対応直感的な操作性で使い手を選ばない慣れた申請書と見た目が同じ
料金初期費用:0円/スタンダードプラン:1ユーザー550円/月など初期費用・サポート費用:0 円、1ユーザーあたり330円/月など基本ライセンス:275万円~/初期費用:5万円などクラウド版月額:550円/1ユーザー、年額:6,468円/1ユーザーなどパッケージ版:50ユーザーライセンス 66万円~など
提供形態クラウドクラウドパッケージ/クラウドパッケージ/クラウドパッケージ/クラウド
無料トライアル
お問い合わせお問い合わせフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォームメールフォームメールフォーム
詳細リンク
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

記事一覧

WaWaFlow(株式会社アイアットOEC) 住所:〒700-0901 岡山市北区本町6番36号 第一セントラルビル9F TEL:0120-632-004 ワークフローとは仕事の流れという意 ・・・[続きを読む]
Styleflow(TDCソフト株式会社) 住所:〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル TEL:03-6730-8111 ワークフローとは仕事の流れという ・・・[続きを読む]
SmartFlow(VeBuIn株式会社) 住所:〒305-0045 茨城県つくば市梅園2-1-13 筑波コウケンビル 3F TEL:029-893-3535 ワークフローとは仕事の流れとい ・・・[続きを読む]
POWEREGG3.0(ディサークル株式会社) 住所:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-36-1 住友不動産千代田ファーストウイング2階 TEL:03-3514-6060 ワー ・・・[続きを読む]
intra-mart(株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート) 住所:〒107-0052 東京都港区赤坂四丁目15番1号 赤坂ガーデンシティ5階 TEL:03-5549-2821 ・・・[続きを読む]
GluegentFlow(サイオステクノロジー株式会社) 住所:〒106-0047 東京都港区南麻布2-12-3 サイオスビル ワークフローとは仕事の流れという意味の言葉であり、ビジネスシー ・・・[続きを読む]
ActionPassport(株式会社イーネットソリューションズ) 住所:〒920-0869 石川県金沢市上堤町1-12 金沢南町ビルディング 8F TEL:0120-92-6262 受付時 ・・・[続きを読む]
ワークフローシステムは、申請や承認といった業務に関する一連の流れを自動化するツールとして知られています。しかし、具体的には一体どれほど効果があるものなのでしょうか。この記事では、ワークフロー ・・・[続きを読む]
承認Time(SBIビジネス・ソリューションズ株式会社) 住所:〒106-6013 東京都港区六本木一丁目6番1号 泉ガーデンタワー TEL:03-6229-0809 承認Timeは、社内文 ・・・[続きを読む]
業務デザイナー(株式会社ユニオンシンク) 住所:〒105-0011 東京都港区芝公園1-3-9 森隆ビル 7F TEL:03-5425-7211 業務デザイナーは、株式会社ユニオンシンクが提 ・・・[続きを読む]
クラウドERPfreee(freee株式会社) 住所:(本社)〒141-0031 東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F TEL:03-6632-4556 クラウドERP ・・・[続きを読む]
streamline(株式会社ミトリ) 住所:〒242-0022 神奈川県大和市柳橋3-12-10 ミトリビル TEL:046-267-6071 streamline(ストリームライン)は、 ・・・[続きを読む]
SmartDB(株式会社ドリーム・アーツ) 住所:(東京本社)東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー29F TEL:03-5475-2501 SmartDBは、ワークフ ・・・[続きを読む]
rakumoワークフロー(rakumo株式会社) 住所:(本社)〒102-0083 東京都千代田区麹町3-2 垣見麹町ビル6階 rakumoワークフローとは、GoogleWorkspaceと ・・・[続きを読む]
MAJORFLOWZFORM(パナソニックネットソリューションズ株式会社) 住所:(本社)〒104-0045 東京都中央区築地5丁目3番3号 築地浜離宮ビル12F TEL:03-6226-2 ・・・[続きを読む]